大阪のデザイン制作事務所フォーセゾン

ブログ

タグで探す

Please reload

最新記事

Please reload

発注する前に知っておきたいパンフレットを作るためのコツ 〜基本と小技〜

基本編 差別化をするために、自社の業界ポジションを明確にする。

 

パンフレット上で商品やサービスをアピールするにあたって重要な点は、競合他社の商品やサービスと如何に差別化するかです。如何にして強みをアピールするか、そして、如何にして弱みをカバーするか(あるいは、ごまかすか)です。 これらを行うため、自社の業界ポジションを明確にして制作業者に依頼されるとよいかと思います。

 

小技編1 信用してもらうためのひと工夫

 

誰もが知っているような大企業ならともかく、そうでない場合は、信用してもらうための一工夫をしましょう。 例えば、以下のようなものがあります。

  • お客様の声、推薦の声を掲載する。

  • ◯◯先生の論文など、権威付けのための情報を掲載する。

  • 実績や実例、サンプルを掲載する。

 

小技編2 アクションを起こさせるためのひと工夫

 

良い商品やサービスであることがきちんと伝わったとしても、顧客がすぐにアクションを起こさせないと意味がありません。お問い合わせしたくなる仕掛け、資料請求したくなる仕掛けを考えましょう。「すぐに見積もりが取れます」「疑問が一発で解消されます」など、アクションを促しましょう。 また、あえて、目玉商品や無料アイテムを掲載して、顧客にとっての取っ掛かりを作りましょう。

 

小技編3 親しみやすさを演出する

 

かっこいいパンフレットやお洒落なパンフレットは素晴らしいと思いますが、親しみのない冷たいパンフレットだと、お客様のアクションも起きにくいものです。

スタッフの写真を掲載したり、キャラクターマーケティングを活用するなどして、親しみやすさを演出しましょう。

Please reload

Copyright(c) 2015 フォーセゾン All Rights Reserved.  大阪市北区広末町2-35 新扇橋ビル3F